ダダの泥んこ遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS ハオルチア属 葉差し

<<   作成日時 : 2006/07/22 00:32   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
春に毟り取った下葉を利用してハオルチアの葉差しを試しています。
気温が低い時期は枯れたり腐ったりするものが少なかったのですが、梅雨に入り気温と湿度が上昇するにつれて、次々と葉が駄目になっていきます。
その中から辛うじて生き残っているものを撮ってみました。
1枚めは、毟り取った数枚の内唯一生き残ったOB−10です。
そっと持ち上げてみたら、まだ根が出ておらず先が思いやられます。

画像
2枚目は・・・デシピエンスかな?
葉の水分がすっかり吸い取られて、もう限界寸前!
これも未発根です。
この写真のようにカリカリのフライドオニオンみたいになってしまったものは、霧吹きするとカビが生えて、せっかくの新芽も枯れてしまうものが多かったです。

画像
3枚めは、OB−10OB−8です(間違えました^^;)
やっと!新芽が出ました。
OB−10OB−8の葉は肉厚で水分をタップリ含んでいるからか、カリカリに乾燥して枯れてしまうものはありませんでした。
その代わり、葉の付け根の部分からジワジワと色が変わって、やがて全体がブヨブヨに腐ってしまうものが多かったです。
葉の付け根は、ハオルチアに限らず他の多肉植物も弱い部分なので、その部分をどうやったら腐らせないで保てるかが今後の課題となりそうです。

画像
4枚めは、ブラックベルディアナかな?
新芽が大きくなっていますが、これも根がありません。
今は古い葉を取り除いて、新芽だけ別のポットに移して管理しています。
霧吹きでいつも土を湿った状態にしているので、ある日突然溶けたりしないかとヒヤヒヤ^^;

画像
5枚目は、今一番期待できるクーペリー・ピリフェラです。
新芽も、新しい根っこも出ました。
根が出ると古い葉にも水分が行き渡り、緑色に回復するんですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜おねむです♪
ハオの葉挿しいっぱいですね。
フライドオニオンは悲しいです、幸いダダさんにいただいたのはなりませんが、他のは沢山フライドオニオン化しました。
昨日見たら、一番大きな芽があるのに太い根が出ていました。
一人づつのお部屋に引越しさせました。
霧吹きをするとカビが生えるの?
新芽が枯れたら、泣くかもしれないぜ!!
プリン
URL
2006/07/22 01:32
おおっ!葉ざし隊頑張ってますね。でも皆さんお顔がしっかりしていますね。家はまだ根が0.5ミリなどこれから大丈夫?っていうのがおります。
何ヶ月くらいで1枚目のお顔でしょうか?
そして大体何ミリくらいでしょうか?

今度ダダさんから頂いた8マン載せますね。彼はすこぶる元気です。ただこれからですよね〜!
風土
2006/07/22 08:04
おねむのプリンさん今晩は♪
おおお!OB−8は根っこが出ましたか!
カビが生えたのは、フライドオニオン化した茶色い枯れた葉の部分でした。
今回の記事の上から2枚目の画像に、もうその兆しが移っています。
白い点々が実はカビだったらしく、今日見たらさらに繁殖して危機的な状態になってました(^^;)
生きて活動している部分はカビが生えにくいと思うのですが、この雨天続き…厳しいですねぇ。
ダダ
2006/07/22 21:48
風土さんへ
葉を毟ったのが4月半ば頃でしたので…約3ヶ月目の様子です。
OB−10は約3〜4mm位の大きさです。
一番下のピリフェラは先ほど掘り起こしてみたら、根が5cm位に伸びていました。
ついでに肥料分のあるポットに移植しましたが、まだまだ腐れの心配が尽きない状態です^^;
他の葉差しは全くの根無しか、あるいは1cm未満の長さしかありません。

ちょっと思ったのですが、夏を迎える時期ではなく涼しくなる秋に葉差しを開始したら…もっと管理が楽なのかしら?
少なくとも腐る心配はないですよね^^
ダダ
2006/07/22 22:00
いつもダダさんのこういう記事を見ると「きちんと育ててらっしゃるなあ」と感動して、我が家の棚を見て猛省しております・・・(T_T)

うちもコンプト系の葉挿しは全滅です・・・(;´д`)トホホ
ただ、ダダさんに頂いた8は、ついに先週一つ鉢上げされましたよ!(根も芽もばっちりだったので、2.5号に治まりました〜)まだ葉っぱは付いてますけどね^^;
またアップしますね〜

うちも霧吹きで上からジャバジャバとやるとかびるので、根が生えてないのは一度土からどけてから、土を少し湿らせて、再度葉を乗せてました〜^^;
わんこ
URL
2006/07/23 17:46
わんこさんへ
いえいえ、全然駄目なんです。
これは30〜40枚の葉差しの内、生き残っている数枚で、後の枯れたヤツとか腐ったヤツはゴミ袋へ直行なんです。
決してちゃんと管理した結果じゃないんですよぉ〜。
それに…リトコノもばんばん枯れていくし(泣)

それから本文中間違いがありました、3枚目はOB−8です(ちゃんとマジックで書いてあるのに^^;)
訂正しますね、申し訳ありません〜。

クーペリーの成功率は低いものの何とか数個芽が出ましたが、ボルシーなど葉の薄いものは全滅という結果になりそうです。
ハオの葉差しは種類によって向き不向きがあるんですね^^;勉強になりました。
ダダ
2006/07/23 22:24

サイト内検索

ハオルチア属 葉差し ダダの泥んこ遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる