ダダの泥んこ遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS ハオルチア属 【マルミアナ】

<<   作成日時 : 2006/07/04 23:15   >>

トラックバック 0 / コメント 10

画像

ハオルチア属 【マルミアナ】
Haworthia marumiana E of Murraysbung
小ぶりなマルミアナでロゼットの大きさは2センチ程。
画像は2006年6月17日撮影のものです。

水を切って日に当てると葉が渋めの紫色に変化します。
花が咲き終わった後花茎を抜いたら、そこから仔が吹き出てきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
これもカッコいいです、ワイルドな雰囲気。
2センチ?そんなふうには見えなーい。
小さくてもお花も咲いて偉い子ですねぇ〜。
渋めの紫なのも見たいです。
ハオも日に当てて育てるのもいいんですね。
私の紫苑は日光不足で緑になってきてしまいました。
とりあえず日当たりに移動しました。
プリン
URL
2006/07/05 07:45
渋めのキレイな色ですね〜

これも群生にしたら面白そうですよね。
わんこ
URL
2006/07/05 12:47
こんにちは。
コノ子は私のより丸いみたいですね。
コノ子もいいなぁ。
ほほう、花芽を引っこ抜くと子吹くのですね。
他のハオもなるかな?って、なってない気がするわ・・・
あき
2006/07/05 15:34
プリンさんへ
我家にあるマルミアナの中で一番小さい種類です。
チビちゃんで可愛いですよ♪

「日に当てる」についてなんですが、ギラギラの直射日光ではなく、うす曇の弱い日光に当てています。
ハオルチアの種類によって、日に当てても緑々したものから、一日で葉先が枯れ込んでしまうものまで、様々な反応をします。
出来れば、様子を見ながら少しずつ慣らしていくと安全だと思います^^
…ってもう日当たりに出したんですね!
真夏は日陰に移動してあげて下さいませ〜〜!!
ダダ
2006/07/05 23:34
わんこさんへ
このマルミは広がりにくいタイプみたいです。
子株が吹いたら…多分細かく分割したい衝動にかられるかと(笑)
エケのミニマも仔を吹いているのですが、刻みたくってしょうがないんです(困)
ダダ
2006/07/05 23:36
あきさんへ
花茎を引っこ抜いて仔が吹いたのは…あれです…アレアレ(笑)
健忘症が出た〜
え〜っと、テネラ!
今回のマルミと同様、葉が細いタイプという点が共通してますね。
夏後が楽しみなものがチラホラ出てきましたよ♪
ダダ
2006/07/05 23:40
了解しましたー。
プリン
URL
2006/07/06 11:34
かっこええ〜♪
紫になった所を見てみたいなぁ。でも本当に小さいんですね。可愛いようなカッコいいような。。。

風土
2006/07/06 20:38
プリンさんへ
日に当てると言ってみたり、日陰に移せと言ってみたり…一貫性がなくてスイマセン(^-^;)
ダダ
2006/07/06 23:25
風土さんへ
チビ株好きの私としては結構気に入っている種類です^^
色が変わったハオは何種類かありますので、そのうちに…
ハオは日に当てても、種類によって全然違う反応を示すので面白いですね。
ダダ
2006/07/06 23:30

サイト内検索

ハオルチア属 【マルミアナ】 ダダの泥んこ遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる