ダダの泥んこ遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS ハオルチア 種まき

<<   作成日時 : 2006/09/01 23:59   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像
ウチで受粉させたハオルチア。
結実したようです。

画像
ちょっと気が早いのですが・・・2006年8月27日に蒔いてみました。
参考にしたのはHaworthia.Comです。

翻訳ツールが訳してくれた滅茶苦茶な宇宙語を解読すると、大体、次の様な内容のことを言っているような気がします(間違っていたらゴメンナサイ^^;)

  1. 種は採れてから一年以上経過すると発芽しないことが多い
  2. 種を蒔く時は、ポットと土を殺菌する
  3. 種も殺菌するとさらに良い
  4. 種を蒔いたらポリ袋に入れる
  5. 日中は直射日光の当たらない明るい場所、夜は涼しい場所で管理する
  6. 上記の環境にすると数日で発芽する
  7. 発芽したての苗は湿気の多い環境を好む
  8. 発芽したての苗は乾燥に弱く、暑い日には数時間で枯れてしまう事がある
  9. 発芽後、ポリ袋から出す時は少しずつ袋の口を開け外の空気にならすと良い
  10. ポリ袋から完全に外に出せるまでの数ヶ月間、毎日スプレーする

ウチでは殺菌せず、又、ポリ袋ではなくラップをかけることにしました。
蒔いてから約一週間経ちますがまだ沈黙したままです。
気温との関連があるのでは?と思いますが・・・どうなんでしょうか?
経過を見守っていきます。
画像
種は2種類のハオルチアを交配したものです。
母ハオは【マルミアナ】
Haworthia marumiana var. marumiana JDV92-37 Andriesberg

画像
父ハオは【ブラックベルディアナ】
Haworthia blackbeardiana Sam Meyer Dam, 3Km S of Catcarth

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おめでと〜。
う〜ん、宇宙語になるのか、翻訳ツール。
私は殺菌はしないけどね。
蒔いて、覆土はせず、鉢底吸水で上には発芽がそろうまでラップ。
場所は直射日光のあたらない明るい窓辺、です。
発芽がそろったらラップは取っちゃうよ〜。

さてさて、どんな子がお目見えするのでしょう?
あき
2006/09/02 22:42
うわ〜!楽しみですね。
そうそう(笑)和訳ソフトって本当に宇宙語になってしまいますよね。
どんなハオが出来るかな?ワクワク!
私は種買おうかな?
風土
2006/09/03 09:09
あきさんへ
ありがとうございま〜す♪

翻訳ツールは全文を訳そうとすると支離滅裂でかえって意味が分かり辛くなるので、難しい単語が出てきた時にピリオドで区切って使うようにしています。
英文の意味が完璧に分かるところまではたどり着けませんが、結構「ふむふむ成る程!」と理解できる事もあって面白いですよ〜。

あきさんも「ラップ法」ですね(^-^)/
発芽の条件が気温なのか、日照時間なのか…
なんとか芽が出て欲しいものです〜。
ダダ
2006/09/03 21:42
風土さんへ
日本人が使う日本語に訳してくれると助かるのですが、機械的に訳すというのは意外と難しいものなのですね〜。

風土さんも種蒔きしますか?
どんな柄が出るのか分からない所が面白いですよね。
ダダ
2006/09/03 21:52

サイト内検索

ハオルチア 種まき ダダの泥んこ遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる