ダダの泥んこ遊び

アクセスカウンタ

zoom RSS コノフィツム属 【ケネディ】

<<   作成日時 : 2006/10/14 21:39   >>

トラックバック 0 / コメント 6

画像
一週間分まとめて更新します。
コノフィツム属 【ケネディ】
Conophytum kennedyi SB631 Smorenskadu
ボディが緑色の有窓系コノフィツム。
まずは2006年9月29日、強光線で頭がこげました。

画像
次は2006月10月4日、花がチョロリンと出た日です。
・・・なんでこんなに画像の色が違うのかしら?

画像
そして2006年10月7日、花芽出現から3日でここまで伸びてきます。

画像
2006年10月14日、3頭全て咲きそうです。
閉じたり開いたりを繰り返し、約2週間楽しめるという事ですね*(^-^)*

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜
頭から出かけている花びらがかわいいですね〜
ケネディとリトープソイデスって似てるなぁ・・・と思ってたら、実は同じ種類だということが「多肉植物データベース」に載ってました。どこかのHPで別々の種類のように載っていたので混乱していましたが、やっと納得することができました。
タニ
2006/10/14 23:58
花びらがいきなり顔を出すんですねぇ〜
これはびっくり、中の様子が見てみたい気がします。
>閉じたり開いたりを繰り返し
2週間も繰り返すなんてガンバリ屋さん。
くじらの潮吹きを連想してしまいました。
プリン
URL
2006/10/15 01:55
お豆からショッキングピンクの噴水♪
枝も葉もなくいきなり花が咲くなんて、強気というか、随分省略してるな〜って面白く思います。
素人目には・・・♪
お花の香りはしますか???
ちく・・・♪ちく・・・♪
2006/10/15 10:45
タニさんへ
ケネディの表記は私も迷いましたが、この苗は元をたどるとメサガーデンに行き着くのでその表記に従っています。
ついでに興味が湧いて、スティーブン・ハマー氏の著書を見ると以下の内容などが書かれていました。
分類の項には、C.lithopsoides について次の三つの亜種が紹介されています。
ssp.lithopsoides
ssp.boreale
ssp.koubergense
さらにシノニムの項には「緑色のボディをした C.kennedyi は C.lithopsoides ssp.lithopsoides であるとみなされる。」と書かれています。

なんだかスッキリしましたよ〜^^
ダダ
2006/10/15 21:23
プリンさんへ
蕾はどこに置いてきたのでしょうか(^-^)
花びらがある日突然、チョロっと出てくるのがユーモラスですよね。
私は、このチョロリンの時が一番好きです。

緑とピンクでカラフルなくじら^^
海で見かけたら話題騒然です〜♪
ダダ
2006/10/15 21:34
ちく…♪ちく…♪さんへ
こんばんは^^
非常に乾燥した過酷な環境で育つメセンは、無駄なものをどんどん捨てて、葉(2枚の葉がくっついてマメ状に丸くなったとされています)と一輪の花という、究極の姿に進化したんですね。
思い切った道を選んだものです^^
花の匂いを確かめてみましたが、このコノフィツムはあまり感じられませんでした。
カラフルな色で勝負!でしょうか?(^-^)
ダダ
2006/10/15 21:34

サイト内検索

コノフィツム属 【ケネディ】 ダダの泥んこ遊び/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる