リトープス属 脱皮中

画像
暖かくなって、ようやくリトープスが口を開き始めました。
最初に笑ったのは実生のリトープス。

メセンの培養土は、有機肥料を入れる方と入れない方と2通りいらっしゃいます。
私は、どっちにしたらいいのか分からず、年々交互に変わっています。
現在、実生苗の植え替えを進めていますが、今年の土は有機有り。

と言うのは、秋に植え替えを行ったコノフィツムの土を有機肥料入りのものにしたら、ブクブクと太ったからです。
そのため、今回試しにリトのチビ実生苗を、有機有りかつ肥料多めにしてみました。
成長期はこの土でかなり大きく育てる事ができると思います。
ただし、問題は夏の休眠期。
腐れる可能性が大です。

さて、無事に夏を越せるでしょうか?