ペペロミア属 【ニバリス×ドラブリフォルミス】

画像
ペペロミア属 【ニバリス×ドラブリフォルミス】
Peperomia nivalis×dolabriformis

水分をタップリ含むと二つに折りたたまれた葉の間に透明な窓が見えます。
古い葉ほど透明部分が顕著ですが、成長に従って下葉が落ちてしまうのが残念。
春に枝を切り、切り口を乾かしてから差すと増やすことができます。

寒さに若干弱いようなので、冬の間は乾燥気味にし室内の日当たりの良い場所に置いています。
また夏の蒸し暑さも苦手のようなので、酷暑期は涼しく風通しの良い所へ・・・。
結構デリケートですね。
ペペロミアは春秋の成長期には潅水を多めにすると良いのですが、つい忘れてしまうと葉がペタンコになり窓も目立たなくなってしまいます。

画像
こっちの写真の方が窓がみえるかな?

2006年5月13日 名前を【ニバリス】から【ニバリス×ドラブリフォルミス】に訂正しました。