陶芸 風船作りの香炉 続き

画像
先日透かしを入れて、半分に割った香炉の仕上げです。

透かしを表から彫ると裏側にバリが沢山出来るので、それを削ります。
あとでサンドペーパーをかけても良いかもしれません。

画像
内側を整えたら、フタを受ける部分(正式な名称はなんというのでしょうか?とりあえず「フタ受け」とします。)を付ける作業。
分割した下半分の内側にキズを付け、ドベが馴染むようにします。

画像
フタ受けになる部分は、厚さ2ミリのタタラを作り、幅1.5ミリ、長さは内径より5センチ長く切り取ります。
そして、フタ受けにもキズをつけます。

画像
キズを付けた部分にドベをタップリ塗り、接着。
ドベがはみ出ますが、直ぐにはふき取らずこのままビニール袋に入れて粘土が馴染むのを待ちます。
粘土が馴染んだら、はみ出たドベをヘラ等で整え、フタがキッチリ締まるように調節。

あとは乾燥させて、素焼き→透明釉→本焼きへと進みます。