コノフィツム属 【紫式部】

画像
コノフィツム属 【紫式部】
Conophytum taylorianum ssp. ernianum
現在1つの球の大きさが3センチ位です。
この位のサイズのコノフィツムは育てやすくて、夏越しもそれ程難しくありません。
旧皮がむけた直後は、人間で言えばピチピチのお肌という感じでしょうか?

それに対して、小豆サイズ、又はそれよりも小さい米粒サイズは夏の間に枯らしてしまう事が時々あります。
溶けるのではなく、復活出来ない状態まで干からびてしまうのです。
小型種は休眠期間中も軽く霧吹きをして、過度の乾燥を防いだつもりだったのですが・・・
未だに起きていないコノフィツムは、ほとんど小型種に集中しています。

画像
こちらの黄と濃いピンクの花が咲いている2種類のコノフィツムは、詳細不明です。
昨年、近所のホームセンターから安く購入したもの。

画像
刺身の脇に付いている、菊の飾りみたい(^-^)