2007年春 実生記録

画像
2007年3月18日、暖かい時期に生長するタイプの多肉植物の実生を開始しました。
画像はBowiea kilimandscharica の種。

蒔いたのは以下のとおりです。

メサ種
1961.75-Othonna clavifolia 30 k E Sendlingsdrif, cylindric leaves
1964.3489-Peperomia monticola RM109 Bal de Lourdes, SLP, tuber with silvery lf
2990.1-Tylecodon schaeferana LAV 30239 Luderitz, fat leaves with red spots
3719-Bowiea kilimandscharica fat above ground bulb, yellow flowers
3757-Bulbine margarethae S Quaggaskop, soft watery leaves
3763-Bulbine mesembryanthemoides PV511 Aughrabies, fat pointed leaf
5553-Albuca aff spiralis Brandrivier, leaves like corkscrew

国内入手種
Bowiea volubilis
Caralluma aperta
Pachypodium namaquanum
Pseudlithos cubiformis
Tavaresia grandiflora

パキポやガガイモ等まだ蒔き時期に早い気もしますが、腐る可能性は少ないと予想して一辺に蒔いてしまいました。昨年9月初めに蒔いて失敗したガガイモ達は、リベンジになります。
ちなみに、オトンナ、チレコドンはどんな親なのか知りません^^;

種蒔きに用いたのは、角鉢(15×20cm)、鉢底に硬質赤玉小粒、中間に種まき用土(殺菌済み・初期肥料有り)、表面に芝の目。今回は赤玉の上に緩効性肥料(マグァンプK)を少量入れました。消毒無し。ラップの覆い無し。
さてさて、結果やいかに!