多肉植物 切り戻し

画像
春、暖かくなって多肉植物の動きが活発になったら、植え替えのついでに「切り戻し」を行います。
切り戻すのは背が高くなってバランスの悪くなったもの、徒長したもの、冬の間に下葉が落ちてスカスカになったもの、枝を増やしたいもの・・・あとはその時の気分で切りたいものなどです^^

画像
切る場所はいつも適当です。切りやすい場所を目指してハサミでサックリ。
ハサミは火で炙るか、園芸用の消毒薬を用いて殺菌しておくと安心です。
多肉植物は茎が古くなると木の皮の様に固くなる(木化する)ので、その部分も切り取ります。

画像
切り取った上の方は切り口を2~3日乾かして、新しい土に挿します。
この時期なら挿してから早くて1週間、遅くても3週間ほど新しい根が生えてくるので、根が生えて来たのを確認して最初の水を遣ります。
また土に挿さずにコップや鉢などに立てて明るい場所に置いておくと、こんな感じに発根したところが見られます。根が出たのを確認してから土に植えつけるのも1つの方法です。
(寝かせて置くと、苗が日の差すほうに曲がりますのでご注意^^)

画像
切り戻した元の苗はついでに植え替えて通常通りの管理すれば、切り口から新しい芽を出します。

画像
ちなみに植え替えや切り戻しで取れてしまった葉は、転がして置けば付け根から根が出てきます。
画像の葉は昨年の秋に落ちたものです。これも土に植えてやれば、やがて小さな芽が出るでしょう。長期間水を吸えない状況でも持ち堪える生命力には感心します。