テーマ:コノフィツム属

コノフィツム属 【ケネディ】

一週間分まとめて更新します。 コノフィツム属 【ケネディ】 Conophytum kennedyi SB631 Smorenskadu ボディが緑色の有窓系コノフィツム。 まずは2006年9月29日、強光線で頭がこげました。 次は2006月10月4日、花がチョロリンと出た日です。 ・・・なんでこんなに画像の色が違うの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コノフィツム属 【ペルシダム・パルディカラー】 開花

コノフィツム属 【ペルシダム・パルディカラー】 Conophytum pellucidum 'Pardicolor' SH624 se Springbok コノフィツムは蕾が出ると、咲くまでが早い! 白花ですが、クプレアツムとは微妙に違う白色です 4輪咲いたのは2006年10月4日 時間を遡ると・・・ 2006年10月1…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

コノフィツム属 【ペルシダム】 実生苗

コノフィツムの実生苗です。 Conophytim pellucidum SB1059 e Soebatsfontein dark hour-glass window 9月の強い太陽光で頭が焦げちゃいました。 でも、面白そうな模様になりそう。 今の成長期に出来るだけ大きくして、透明感のある窓をもっとハッキリ見たいものです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コノフィツム属 【クプレアツム】 開花

コノフィツム属 【クプレアツム】 Conophytum cupreatum SB888 Kliprand もっと花びらが大きく開くはずですが、いったい何時咲いているのか・・・ 私が見ると、半開き状態のときばかり(笑) 朝でもなく、夜でもない時間にこっそり満開になっているのでしょう。 すっきりとした白い小さな花は、今秋のコノフィ…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

コノフィツム属 実生苗もお目覚め

実生のコノフィツムも、少しずつ目覚めているようです。 黒い点々模様が入っているのは Conophytum obcordellum 'declinatum' BM7928 Botterkloof spidery fl 大きさが昨年と変わっていないということは・・・栄養がたりてないのかしら? 今年は水と肥料を多くしてみます。
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

コノフィツム属 休眠明け

コノフィツムがモソモソ動き出しました。 今年は例年より早く植え替えたので、まだ旧皮が新しい葉を覆った状態です。 成長が進むにつれて新しい葉が育ち、古い皮も脱げやすくなるでしょう。 (画像が多いです。) コノフィツムを育てていて一番楽しいと思うのは、花が咲いた時よりも、休眠から目覚めて緑の新しい葉がゆっくりと現れるこの時だと感…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

メセン種蒔き 経過報告

2006年5月17日に種を蒔いたメセンの経過報告です。 成績が悪くて忘れたフリをしちゃおうかと思いましたが、それじゃあ意味がないので・・・。 現状はこんな感じです。 ○ Conophytum burgeri R1265 Aggeneys (Fujiyamamopsis) Wonderberg  × Conophytum …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

コノフィツム実生苗

2年目を迎えようとしているコノフィツム実生苗の様子です。 頭頂部に十字模様が入っているのはペルシダム・コンコルディア。 う~ん・・・あまり大きく育てられなくて苦戦しております。 今日は熱帯夜になりそうなので霧吹きはしていませんが、夏の間も風の吹く夜を選んで2~3日置きにスプレーしています。 画像2枚目はペルシダム、ラツム、ロ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コノフィツム属 【francoiseae】 開花

Conophytum francoiseae 既に外側が枯れて休眠に入ったコノフィツムですが、中にはへそ曲がりなヤツがいて花を咲かせています。 コノフィツムの殆どは秋に開花しますが、いくつかの種類は春から夏に花を咲かせるそうです。 苦手な英語の本をめくってみると… Steven Hammer氏の本にfrancoiseaeは晩…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

メセンの種まき

2006年5月17日 メセンの種まきを実施しました 画像は蒔いてから約40日経過したものです 蒔いたのは次の6種類 Conophytum burgeri R1265 Aggeneys (Fujiyamamopsis) Wonderberg Conophytum burgeri SH 409 Aggeneys C…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コノフィツム属 【浅間の虹】

コノフィツム属 【浅間の虹】 5月の最終週に休眠前の最後の水遣りをしたら、案の定割れました。 2個に分裂しているのがバレバレです(笑) 今後6~8月は断水して休眠 Zzz コノフィツムは8月の終わり頃に、自然に活動を再開して休眠明けのサインを出します。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コノフィツム属 休眠前の5種類

コノフィツム属 【コンカブム】 Conophytum concavum 奥の2つがそれです。 現在、まだ外側の皮が緑々してて眠くなってないみたい・・・ 手前の2つは、同属の【サブフェネストラツム】 Conophytum subfenestratum 同じ種類なのに、右側は赤く紅葉しました。 こちらは名無しのコノフィツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コノフィツム属 【ウィッテベルゲンセ】 休眠

コノフィツム属 【ウィッテベルゲンセ】 Conophytum wittebergense 2006年2月20日にはまだ緑色が鮮やかで、形も丸く整っていました。 でも、そろそろ休眠の初期段階に入ったようです。 外側の皮が茶色く枯れてしまいました。 コノフィツムはこの様に枯れた皮をかぶったまま、休眠します。 ところで・・・ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コノフィツム属 【francoiseae】

Conophytum francoiseae 写真の撮りだめが底を尽きたので、こちら。 ボディの色がグレーがかった緑色で、ドットがちりばめられています。 頭頂部のくぼみが、キュッと結んだ口みたい。 カタカナに訳せないので、札のままをタイトルに入れました。 francoiseaeはFrançoiseという人名に由来…
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

メセン 続々脱皮中

リトープス、確か紫勲系っだった気がします。 これも札が最初からなかったので、詳しい事はわかりません。 口を開いてから、旧皮がすっかり枯れるまで数週間かかるでしょうか? 天気が良い日は、新球がほんの僅か大きくなります。 こちらは、ディンテランタス属の【綾耀玉】 昨日まで口をしっかり閉じていたのに、今朝見たらカパッと開いてまし…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

コノフィツム属 【ブルゲリ】

紅葉の話のついでに、ずっと緑だった【ブルゲリ】が急に赤くなったので写真をパチリ。 ウチのブルゲリは、緑のヤツなんだぁと思っていたのでびっくり。 購入から一年以上経ちますが、さっぱり成長せず一年前とほぼ同じ大きさです。 こんにゃくゼリーの様に大きなブルゲリをネットで見ました。 どうやったらあんなに大きく出来るのか、秘訣を教えて…
トラックバック:0
コメント:19

続きを読むread more

コノフィツム属 ビフォア&アフター

コノフィツム属、恐らくminutumの一種だと思います。 秋には赤紫の花が咲きました。 一粒の大きさは5~10ミリで良く分頭します。 左側は昨年の秋に植え替えを行った株、右側は・・・植え替えをサボった株です。 ちゃんと世話すると太って綺麗な形になりますが、世話を怠ると玉も小さくなり色もあせてしまいます。 あれあれ・・・。 ヒ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

コノフィツム属 【ウィッテベルゲンセ】

コノフィツム属 ウィッテベルゲンセ 学名:Conophytum wittebergense 一応この日本語読みにしましたが、独自に様々な読み方をされているので学名を見てください。 他には・・・ウェットベルゲンセと読むところや、ウィッテベルゲンシスなどもありました。 ウネウネした模様が特徴で、この模様の入り方に色々なパターンが…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

コノフィツム属 脱皮の兆し

コノフィツムやリトープス等のメセンは、年に一度脱皮をします。 脱皮というと、何だかセミ等の昆虫みたいです。 脱皮とは、メセンの内部に芽生えた新しい葉(球)が、外側の旧葉の水分を吸収し、さらには旧葉が完全に枯れて新葉と入れ替わる現象です。 ・・・と言葉では説明しきれないので、写真をいくつか組み合わせてみました。 一枚目の写…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

コノフィツム属 蒴果が開いた

先日紹介した名無しのコノフィツムです。 うっかり頭から潅水したら、蒴果(さっか)が開きました。 (右側の2頭の間に挟まっている、茶色いやつ) 蒴果は開閉式で、乾燥した状態だと閉じ、水を含むと開くという、優れた機能をもっています。 開いた蒴果から、粒々のコノフィツムの種が見えます。 コノフィツムの原産地では、雨季の激しい雨に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コノフィツム属 名前は不明

最近、一般の花屋さんでもコノフィツム等のメセンをよく見かけます。 それもお手頃価格! 身近な所で、メセンが手に入るようになって嬉しくなってしまいます。 ただ残念なことに、普通の花屋さんで売られているメセンは、詳細な名札が付いていない事が多いようです。 また、運送時の土の飛び散りを防ぐためか、土の表面がノリで固められたものもあ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コノフィツム属 【安珍?】

多分【安珍】だと思います。 【安珍】を注文したら、これが来たので・・・ 詳しいことは不明です。 花は、チョポッとしててクリーム色。 夜間に咲いて、日中は閉じています。 臭いをかいでみましたが、特に香りはしませんでした。 毎年良く分頭するので、買った当初は2頭でしたが、今は写真のようになりました。 模様が気に入ってい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

コノフィツム属 【花園】

チョキの形をした、【花園】という種類です。 花色がやや赤みを帯びていて、華やか。 高さが3センチくらいで、コノフィツムの中では大きいタイプ。 今年は、何故だか分かりませんが、メセンの花が沢山咲きました。 例年は、咲かない株も結構ありました。 「やっぱり素人が育てると、本に載ってるように満開とはいかないのかなぁ」 と思って…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

コノフィツム属 【オブコルデルム】の種蒔き

コノフィツムの種蒔きをしました。 ・・・今年でありません、去年の秋です。 現在の大きさは、2~3ミリの極小サイズ! なかなか大きくなってくれません。 水遣りをさぼったせいです。 だいたい1週間~10日に1回ぐらいの頻度で、水をあげていましたが、全然足らないみたい。 幼苗の時は長く乾燥させてしまうと、根が枯れてしまうようで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コノフィツム属 【聖像】の花

【聖像】の花はオレンジ色でした。 コノフィツムの花が咲き終わった後、花柄は取り除きます。 花柄を付けたままにして置くと、潅水や雨に当たった時に、花柄の色素がとけ出して本体が茶色に染まってしまう為です。 ただ、そのまま花柄を付けと置くと、結実して翌年の夏に種が取れることがあります。 それもまた面白い! 採取した種を撒くと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コノフィツム属 【ネオハリー】

関東地方は久しぶりの良い天気でした。 天気の良い日の方が、写真がきれいに取れるんですね。 コノフィツム属【ネオハリー】の学名は、Conophytum pellucidum ssp. pellucidum var. neohallii 頭の模様が強烈です。 花は清楚な白色で、日中に咲き夜は閉じています。 コノフィツムや…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コノフィツム属 【勲章玉】

コノフィツム属の【勲章玉】は、窓が透明で複雑な模様が入っています。 この写真の【勲章玉】は白い花が咲きました。 花の色は、ピンクや赤紫なども有り、バラエティーに富んでいます。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コノフィツム【ピランシー】

昨日に続いて、今日はコノフィツム【ピランシー】の写真。 これも良く見ると、頭頂部分には透明な点々がある。 色がかなり明るい黄緑色で面白い。 昨年より一回り大きくなった。 この3連休で植え替えを行う予定だったが、先日、水を遣ってしまったので出来なくなってしまった。 「水遣りは計画的に・・・。」 多肉植物を植え替える…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コノフィツム【マウガニー】

【マウガニー】 透明窓をもつコノフィツムで、やや大ぶり(長い所を計って直径2.5cm)。 先日潅水したので、ついでに旧皮を取り除いた。 コノフィツムの旧皮は、乾いた状態だと硬い。 しかし、水を含むと柔らかくなるので、その隙にペロッと剥く。 無理やり取り除こうとすると、コノフィツム本体を傷つけたり、最悪の場合、肝心な本体…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コノフィツム【聖像】

コノフィツム【聖像】に今期、第1回目の水遣りを行いました。 前回「間もなくお目覚め」の写真を載せたましたが、それと同じ株です。 1度の潅水で、水をたくさん吸収しプーっとふくれます。 この変化の大きさが、楽しい。 コノフィツムは休眠して、古い皮が脱げるように新しい球体が現れますが、その時に新体が2つに分裂していることがあり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more