テーマ:植物

ハオルチア属 【クリスタリナ】

ハオルチア属 【クリスタリナ】 Haworthia pygmaea v. pygmaea 'Crystallina' ISI37-1E South Africa Nr.13978 昨年の春エキゾチカから輸入したピグマエアの・・・名前付き? 当時から葉が伸び気味だったのに、管理の悪さが手伝ってさらに徒長^^; 現在はとても見…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シゾバシス属 【イントリカータ】 植え替え

シゾバシス属 【イントリカータ】 Schizobasis intricata 直径8cm程のこんなポットにふたつ並べて植えておいたら、いつの間にか鉢が歪むほど大きくなっていた。なかなか植え替える機会がなかったのだが、お正月にぽっかり時間が出来たので、一番窮屈そうな‘チビ玉ねぎ’イントリカータを植え替えることにした。 歪んだ鉢の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エケベリア属? 【レズリー】

エケベリア属? 【レズリー】 本当にエケベリアかどうかは分からないが、とりあえず見た目でこのカテゴリーに分類。 前回記事にした時も、花が咲いたら何かとっかかりが分かるかもって期待していたけれど、一向に花を咲かせてくれない。 こうなったら、気長に待つしかないねぇ。 茎はこんな風に上へ上へと伸びる。 途中で脇芽を吹くけれど、頭…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エケベリア属 【女雛】

エケベリア属 【女雛】 寒さと、水切れと、栄養不足でかなり濃い色が出ている。 年内、時間があったらバラして植え替えてやりたいなぁと思っていたけれど、現在のところ、年賀状さえ出来上がっていない始末<(>_<)> 全ては来年だな^^; 多分この記事が今年最後の記事。 今年は色々あったけど、自分の好きなよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【有刺クーペリー】

ハオルチア属 【有刺クーペリー】 Haworthia cooperi v. cooperi Somerset East 植え替え等々サボって下葉が枯れているし、土も汚れ気味だが、恥ずかしげもなくUP♪ 本体の上にひょっこり出ている・・・高芽・・・じゃなくてなんでしたっけ? 高・・・葉? 高・・・仔? えっと、何か違う言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペペロミア属 【シクラミノイデス】

ペペロミア属 【シクラミノイデス】 Peperomia cyclaminoides (cyclamoides?) Sauth America Nr.15565 入手時に上と下が分からなかったぺぺロミア。長いこと芽が出ず、ずっと輸入当時の姿のままだったのが、やっとチロっと動き出した。 葉が出るのも遅いし、葉が大きくなる速度も遅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シノクラッスラ属 【四馬路】

シノクラッスラ属 【四馬路(スマロ)】 Sinocrassula yunnanensis 中国語は分からないのだが、グーグルで対象を中国語にしぼって Sinocrassula yunnanensis の検索をすると「云南石蓮(←ここ文字化けしちゃうので似た様な漢字でごましている。蓮と逢の中間みたいな字^^;)」という名で呼ばれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セロペギア属 【コンラティ】

セロペギア属 【コンラティ】 Ceropegia conrathii RSA, Makatini Nr.12990 2008年の9月中ごろ撮影した時の様子。 夜間の気温が5℃を下回っている現在は、輸入当時と同じくじゃがいも状態に後戻り。 寒い時期は葉を落として休眠するらしい・・・。 ただし、葉を落とした今も芋自体に張りが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【アラクノイデア】

ハオルチア属 【アラクノイデア】 Haworthia arachnoidea IB08877 Langevallei, Eilandia turnoff (№8877) エデン出身の荒い毛玉タイプのハオルチア。 何年か前に海を渡って来たのだが、うっかり徒長させてしまいずっとご登場願えなかった。 多分この画像が初登場♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リトープス属 【深窓玉】 開花

リトープス属 【深窓玉】 随分前に購入した時の名前のまま。 記事にするついでに調べると Lithops salicola f. と説明するサイトがある。 さらに探ると旧錦園のHPに掲載されている論文※1に、「深窓玉は、その模様が窓型になった(李夫人の)変種」とある。 画像では花びらの影にかくれて頭頂部の模様が見えないが、確かに窓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひっつき虫

子供の頃、友達と遊ぶ時はいつも畑のあぜ道を通っていた。 夢中で遊んでいるので、道ばたに何が生えていたかなんて覚えていない。 でも、ウチに帰って服を見ると、必ずセーターやスカートの裾に「ひっつき虫」が付いていた。 そういえばこの「ひっつき虫」、ちゃんとした名前が分からず、知らないうちに服にくっつく嫌な草としか思わなかった。 大人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカの瓜

先月の初め小田園芸さんの温室に伺った時、変わったものを発見。 「これ何ですか?」と聞くと「アフリカの瓜だよ」とのこと。 世の中まだ見たことがないものが沢山あって、 ただ温室を通過するだけでもボンヤリしててはいけないぞと痛感^^ 面白いですねぇと手に取ると、他にも色々あるよと次々変わった形の瓜を見せてくれた。 ネットで調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神代植物公園 お蕎麦編

神代植物公園の近くには深大寺というお蕎麦の有名なお寺がある。 「お蕎麦編」というのは変なタイトルで、本当は「深大寺蕎麦」というタイトルの方が正当なのかもしれないが、私にとっては神代植物公園と深大寺蕎麦は必ずセットになっていて、ブラブラ公園内を歩き、ついでに蕎麦を食べるというのが最高の散歩コースだったりする。 そんな訳で、知る人ぞ知る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神代植物公園 温室編

神代植物公園には立派な温室がある。 こちらも好きなので特別なイベントがなくても、必ずクルっと中を回ってくる。 2008年11月1日撮影。 今年も1月余り・・・年の瀬が押し迫ってくると何となく気ぜわしくなる。 仕事の方も繁忙期に入り連日残業の嵐。 ま、平日は目一杯働いても休みの日は遊んだり身の回りの事を片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルニア属 【阿修羅】 開花

フェルニア属 【阿修羅】 Huernia pillansii 2個目の花が咲いた(咲いたのは2008年10月末頃) 1個目が咲いた時に花のイボイボをなんとか撮ろうと努力したのだけれど、イマイチ撮りきれず再チャレンジ。 今度は分かりますかねぇ。 こんな感じのブラシがありますよね。 頭皮をマッサージしますって感じの^^ 花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コノフィツム 開花

コノフィツム属 【祝典】 まだこれから満開になるところ。 コノフィツムの花芽はある日突然ニョキっと出てくるから面白い。 コノフィツム属 sp. 多分、群碧玉(minutum)の類だと思うけど、メセンは札がなかったらもう・・・名無しの権兵衛ちゃん確定だからねぇ。良く分頭して、良く花が咲く。 コノフィツム属 【宝殿玉】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コチレドン属 【子猫の爪】 開花

コチレドン属 【子猫の爪】 2007年春に切り戻してバラバラにした子猫の爪、1年半経って随分成長した。 コチレドンは切り戻した方が株が元気になるのかなぁ。 ・・・実は気に入っていた福娘が今年の春の植え替えで元気をなくし、枯れてしまった。 植え替えじゃなくて切り戻せば良かったかと、ちょっと後悔している。 1年前の様子は→こち…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

神代植物公園 ぶらっと散策

今月初めのお天気の良い日、ぶらっと神代植物公園へ行ってきました。 前日までは雨という予報だったのにみごとに晴れて本当に気持ちよかったです^^ 神代植物公園はISJIのイベントの時に必ずチェックする公園ですが、この日は展示会でも何でもありません。 じゃ、多肉の展示会もないのに何しに行ったのかというと・・・^^; 私、公園フェチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温室訪問 その2

今回は競りをまったく見ませんでした。 その代わり、日をたっぷり浴びて綺麗に紅葉した多肉植物を心行くまで堪能しましたよ♪ これまた細かい説明は抜きで画像でお楽しみ下さい^^ セネシオの一種。 あぁ、この白い葉がなんともいえず綺麗だなぁ・・・ これはペペロミアの一種。 鉢の脇に落ちた葉が転がってるんだけど、あれは葉挿しが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温室訪問 その1

多肉の会に入会したものの会場が遠くてこれまで1回も例会に参加したことがありせん。ところが今回近くで開催されるという会報が届いたので重い腰をあげました。 というのも前日終電まで飲んじゃったので、家を出る直前まで迷いに迷った挙句の決断^^; 以下、会場となった温室とその周辺の様子です。 植物の固有の名前は聞かなかったので画像のみでお楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コノフィツム属 【紫式部】 開花

コノフィツム属 【紫式部】 Conophytum taylorianum ssp. ernianum 2006年の画像と比べるとお肌の具合が! 多分お手入れの気合の入り方に問題があるものと思われる^^ うはぁぁぁ^^ 眠れなくて、テンプレ変更したらピンクなブログになりました! 自分では有り得ない色調なので、も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラッスラ属 【星の王子】 開花

クラッスラ属 【星の王子】 何年育てたのか忘れちゃったけど、花を初めて見た気がする 花のつき方は同属の南十字星とそっくり! やはり全体的な形状が似てると花付きも似るんだなぁ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェルニア属 【阿修羅】 開花

フェルニア属 【阿修羅】 Huernia pillansii 咲いた♪ガガ花! 9月に小さな花芽を発見してから約1月半、やっと画像を撮れた。 実は一週間ほど前に1つ目の花が咲いたのだが、仕事がバタバタしてて撮り逃してしまった。 だからこれは2つ目の花。 花びらの表面はザラザラで変な突起が生えてるのが分かるだろうか? こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セロペギア属 【アンプリアータ】 解体

セロペギア属 【アンプリアータ】 Ceropegia ampliata 1つ目の花が咲いた時、覗き込んだ花の内部が気になって2個目の花を解体してみた 花の長さは約6cm 上部についている傘の部分からスーーーーっとカッターの歯を入れて2枚下ろし^^ どでしょ? 何か思った程、鼻(花)毛ボーボーではなかった 虫の身になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大船のフラワーセンターへ行って来た

平成20年10月15日(水)~19日(日)の期間 神奈川県立フラワーセンター大船植物園にて多肉植物の展示会が行われていた。 高島平や神代は遠くて行かれなかったけれど、 こちらはウチから比較的近いので週末にぶらっと行って来た。 展示されている植物の中でひときわ目を惹いたのがこちら♪ エキノフォスロカクタス属 【千波万波】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶芸 『黄瀬戸の鉢』

本当に久々に焼き物が出来上がった 暫く作らないと形が歪む、歪む(^-^;)ゞ でも、ま・・・それも味だと思えばいいので陶芸って楽しいw 釉薬は諸事情があって先生が急遽付けてくれた お陰様で凄く綺麗な仕上がり♪ 自分じゃこんなに綺麗にはいかないもんなぁ 画像からは分からないが底に鉢穴を開けたので ちゃんと植物を植える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【白帝城】

ハオルチア属 【白帝城】 思いっきり逆光、かつ強コントラストな仕上りの画像でございます^^; ちょうど1年前がこんな感じでしたから、自分じゃ気付かないけどちゃんと大きくなってるのねぇ 追記その1 昨日食べに行ったホルモン♪美味かったです^^ シロコロてっのが美味いっていうのでそれを食べたかったんだけど あの時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【九輪塔】

ハオルチア属 【九輪塔】 以前プリンさんに頂いた硬葉系ハオルチア、九輪塔♪ 1年半たって下から仔がニョキニョキ生えてきた!! 植えた時はまっすぐ上を向くようにしたけれど、下から仔が吹くと自然に傾いてくる・・・ それに、親株の途中からは脇芽が吹き始めている もしかしてこのままにしておくと親株が倒れて 脇芽が地面に着陸出来る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【レティキュラータ var. hurling】

ハオルチア属 【レティキュラータ var. hurling】 Haworthia reticulata var. hurlingii IB08819 Goudmyn この産地、何度も何度も出してる気がするけど・・・ 好きなので再び登場♪ 朝日に透かすとこんな模様が浮かび上がる^^ やっぱりハオ透け透け遊びは面白いぃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【ベクター】

ハオルチア属 【ベクター】 Haworthia 'Vecter' 鉢が小さくて、このままだと成長点が潰れてまうかも((>_<)) もうひと回りゆったりした鉢に植えてやらんとなぁ 途中から仔が噴出しちゃってるのは、どうしたら良かんべ? 個人的にはもうちょっと透明感のある窓に保ちたいんだけど・・・ 如何せんカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more