テーマ:陶芸

陶芸 一日体験教室

陶芸教室の先生が修善寺で一日体験教室の講師をするので、土曜・日曜と手伝いに行ってきました。 手伝いと言っても大した事は出来ないので、粘土を切ったり片付けをしたり・・・ 他の生徒さんも一緒に、おしゃべりしながら楽しんできました。 自分の作品も色々作る予定だったのですが、結局、植木鉢を1個だけ作りました。 皆で食べて、食べて、し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

陶芸 顔の鉢

久しぶりに鉢が焼けました。 3ヶ月ぶりです。 ベースは昨年末に成型してありましたが、しばらく陶芸教室をお休みしたので釉掛けを行ったのは3月下旬。 使った釉薬の名前を失念しました! 何を植えようかなぁ? 前にこれと同じ型の鉢を作った時は、巻絹を植えました。 セダム等のカラフル系の寄せ植え・・・ 葉差しの白牡丹が大きくなっ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

クラッスラ属 【紅稚児】

赤赤赤の寄せ植えを作りたいと思い早速実行! 使ったのは、紅稚児、火祭り、玉葉。 中央の紅稚児は葉が緑色の状態ですが、時期が来たら真っ赤になってくれるはず。 火祭りは差し穂をとったばかり。 現在、切り口乾燥中のため寝ています。 鉢は、重いと評判が悪かったラーメンどんぶりの底を勝ち割り転用しました。 志野という釉薬がかかって…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

再び雪

私の住む神奈川の平地では、雪が積もることは滅多にありません。 降ったとしても、水分を多く含んだシャーベット状の雪が殆どです。 ところが、今回降った雪はかつてスキー場で見た結晶のような感じでした。 あらら、大変。 車は普通のタイヤのままですし、雪の上を歩くのもヘタクソです。 週明けが恐ろしい~。 綺麗な雪だったので、兎を作…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「めかぶ」ネバネバ~ん 

食べ物の写真が撮れました。 いつも作ると同時に食べちゃうので、稀な一枚です。 プリプリさんのブログで「めかぶ」の食べ方を教えて頂きました。 スーパーに買い物に行くと、早速めかぶを発見! おお~、これは何かの縁じゃ~と買い物カゴヘ。 めかぶを水で良く洗い、さっと茹でて、ポン酢をかけていただきます。 さっぱり、ネバネバ! …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

陶芸 ヒビが入った

香炉にするつもりで作った物です。 フタの真ん中を凹ませて、葉っぱ型に透かしを入れました。 この凹みが難しく、固さの違う粘土を無理やり押し込んだら・・・。 焼成後にヒビが!! 成型の段階ではヒビはなかったのに、焼いたらバリバリっと入りました。 粘土は生き物なんですね。 帳尻を合わせたつもりでも、最終的にボロがボロボロ出てい…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

センペルビブム属 【巻絹】

【巻絹】、春にウチにやって来た時は、直系5cm位のポットに植わっていました。 それが、猛烈な勢いで増えたので、鉢がイッパイになってしまいました。 秋に植え替えを予定していましたが、のびのび~になって、やっと年末に行いました。 時期はずれなので、どうかなぁと思ったのですが、特に問題なかったみたいです。 【巻絹】の増殖の仕方は、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

陶芸 シダの図

少し前に焼けた、シダの絵の皿。 何だかちょっとシダとは違うけど、まっ!いいかな。 粘土は黒泥、シダの絵は陶芸用の絵の具を使いました。 穂先の細い面相筆で、絵の具を置くように描きました。 下地が粘土なので、絵の具がジンワリにじみ、なかなか葉っぱの大きさが揃わず苦戦。 またチャレンジしてみたい図案です。 (次回チャレンジ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ポーツラカリア属 【雅楽の舞】

先日焼けた鉢に、【雅楽の舞】(ガガクノマイ)を植えつけました。 これも斑入り種で、原種は【銀杏木】(イチョウギ) じっくり育てると、枝が垂れ下がって面白い姿になる種類。 時々、盆栽のように育った【雅楽の舞】が紹介されています。 ウチのも、いずれ・・・ 厳しい暑さ寒さに弱く、穏やかな気候の時期に良く成長します。 植…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

セネシオ属 【万宝】の花

セネシオの【万宝】は、あの【グリーンネックレス】と同じ属。 同属に分類されていても、見た感じが全然違います。 【万宝】が立ち上がる様に育つのに対し、【グリーンネックレス】は名前のとおり、ネックレスの様に垂れ下がります。 どこに共通点があるのでしょうか??? 多肉植物の中でも、比較的水が好きな種類です。 セダムと同じ頻度で潅…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

陶芸 サイコロ香炉

サイコロのような形の香炉が焼きあがりました。 粘土は黒泥、その上に透明釉を吹きかけてあります。 高さ8.5cm、幅7cm、奥行き7cm。 この香炉は、型紙をあてて切り出したパーツを組み立てて作りました。 その型紙の大きさと比較すると、約1割縮んだ計算になります。 普段、収縮率なんて気にせず、適当に作っていますが、こうして定…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

陶芸 のっぽ鉢

久しぶりに鉢が焼けました。 黄瀬戸釉薬の鉢です。 高さは、約30センチのノッポな鉢。 まず何を植えるのかを決めてから、この高さと色にしました。 植える予定の多肉は、ポーツラカリアの【雅楽の舞】 【雅楽の舞】は成長すると、枝垂れてくるそうなので、背の高い鉢を作ってみました。 植え替えの時期を逸していますが、ヒマをみつけてや…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

京都 本当の目的

京都に行ったのは、紅葉と美味しい物のためでもありますが、他にも目的がありました。 京都で開催された公募展に応募したためです。 ・・・応募はしたのですが、結果は今年も落選。 ほほほ、今年もということは昨年も落選してます。 二回も落ちてしまったので、教室の先生がすごく気を使ってくれて、恐縮してしまいます。 私はというと、も…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

陶芸 シダの小箱

明日の陶芸教室にもって行く予定のものです。 黒泥という粘土をタタラ成型し、緑の絵の具でシダを描きました。 ちゃんと本物のシダを見なければ・・・と思いながら想像で描いたので、なんだか形が違う感じ。 子供の時見た、図鑑を参考にしようと開いてみたのですが・・・ 今見ると、ずいぶん雑な絵でした。 当時は、細密な絵だと思っていた…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

陶芸 赤土5号で作った鉢

おまけの粘土で成型した鉢です(右) 口の部分は、タタラを四角くくり貫き、フタ状にかぶせました。 粘土があまったので、ついでにサイコロ鉢も! 学生の頃、友人から合宿(私はサボった)のお土産にもらった埴輪にモデルをしてもらいました。 サイコロの方は、【巻絹】を植えようと思っています。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

陶芸 おまけの粘土

先月、陶芸用の「絵の具12色セット」を買ったら、粘土のおまけが付いてきました!! 「おまけ」を貰って大喜び。 貰ったのは、「赤土5号」という粘土です。 先生に聞いてみると、焼き上がりがレンガのような赤色になるそうです。 そこで、数年間植え替えずにほったらかしていたサボテンの鉢を作ることにしました。 丸型?四角?三角? …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

陶芸 魚型シールの鉢

魚型のシールを使った大鉢が出来ました。 鉢の出来はダメダメですが、シールは面白かったです。 ぜ・・・全体像を見せるのは、ちょっと気が引けますが、失敗も一つの経験なので・・・。 アイロン用のスプレーでは、絵の具が細かい粒子にならず、綺麗に色が付きません。 先生からは、「アイロン用スプレーでは絵の具が勿体無いので、もう止めな…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

陶芸 さいころ香炉

昨日悩んでいた、タタラの板は香炉にしました。 ポンスで穴をくり貫いてから、ドベをのりしろ(?)にタップリ塗り・・・ 押し付ける様に組み合わせて出来上がり。 一日袋の中に入れて、落ち着かせた状態です。 お・も・し・ろ・い! 昔、弟が買ってきたプラモデルを取り上げて、勝手に作って怒られたことがあります。 プラモデルと感覚が良…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

陶芸 型紙を使って板をカット

以前、本屋さんで立ち読みした本に、タタラで作った四角い小物入れが載っていました。 そこで、黒泥という粘土を使って、私も真似してみることに・・・ 夕食前に、粘土を平らに延ばし、新聞の上に載せました。 すると、お腹がグーグー鳴って、延ばした粘土がチョコレートに見えてきます。 食事を終え、様子を見ると丁度良い加減に粘土が固くな…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

陶芸 結局もう一つ

先週、作った大鉢を陶芸教室に持って行ったのですが、結局もう一つ作ることにしました。 上手くいかなかったのは、口の部分と絵の具の吹きつけ。 口は水平に綺麗に切ることができなくて、ガタガタ。 絵の具はアイロン用のスプレーを使って吹きつけたのですが、う~ん。 新たに作り直すことにはなりしたが、今回は壊さずに焼いて結果を見るという方…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

陶芸 マスキングテープで魚型シール

ペンキを塗る時に使うマスキングテープを使って、陶芸用のシールを作ってみました。 DIYのペンキコーナーに売っているマスキングテープを、お料理のクッキングシートに貼り付けます。 その上から魚など好きな絵を油性ペンで描き、線に沿ってハサミで切り取るだけ。 これを成型した粘土にペッタっと貼り付け、その上から絵の具や釉薬をつけて・・・…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

レシピ 【こりゃ簡単!さつま芋のおこわ】

栗原はるみさんのレシピなどを参考にした、電子レンジで簡単に作れる【さつま芋のおこわ】です。 用意するもの(お茶碗2杯分) ・もち米 1カップ ・さつま芋 180グラム ・ダシ汁 2/3カップ ・酒 小さじ1 ・耐熱ボール(お米が2倍に膨らむので深めの器) 作り方 1.もち米を研いで、1時間水につけて置く 2.さ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

陶芸 お試し釉薬の片口

以前、トンボ玉用のフリットを東急ハンズで買い、それを使って器を焼きました。 先生も面白がって、お試しの釉薬と組み合わせて、テストをすることに。 右上から時計回りに次の組み合わせです。 右上:緑彩マット釉+青いガラス(先生の所にあったもの) 右下:黒マット釉+オレンジのフリット 左下:萩焼萩釉+水色のフリット 左上:白…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

陶芸 土鈴あそびのカエル

土鈴には、下絵の具でカエルを描きました。 本当は、現在製作中の大きな鉢の内側に、このカエルをイッパイ!!!描くつもりだったんです。 でも、先生から「カエルは人によって好き嫌いがあるから・・・どうかね・・・。」と言われ、「確かにそうかも・・・。」と考え直しました。 カエルの絵は、また次の機会にします。 ちゃんと、矢毒カエル…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

陶芸 土鈴あそび

金木犀の良い香りが漂っています。 昔、高校の美術の授業で、【土鈴を作る】という課題がありました。 それを思い出して、土鈴作り!! 高校の時は、粘土を丸めて二つに割り、掻きベラで中をくりぬき、再び張り合わせるという方法でした。 今回は、粘土の玉を指で少しずつ伸ばしてボール状にする方法です。 最後にポンスで二箇所に穴を開け、穴…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

陶芸 口を切ったらあら大変

大きなどんぶり・・・じゃない鉢を作っています。 目標の大きさは、直径48センチ、高さ35センチ。 先週、積みあがって口のところを計画どおりに、クネクネした曲線に切ってみました。 そしたら、あら・・・あららららららら。 なんだか、見た目が小ぢんまり、軽い印象になってしまいました。 慌てて先生に相談すると、一言「作り直しなさい…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

陶芸 醤油差しから花入れへ

大分前に作った醤油差しが焼けました。 早速、陶芸教室の皆さんの前で、水を入れて垂れるかどうか試してみると・・・。 あららー またもや失敗です。 水の切れが悪く、底に回ってしまいます。 それを見た教室の皆さんの反応は、 「おっきなお皿に、ドバっと醤油を入れる時に使えばいいのよ!」とか 「素早く、器を傾けて、素早く戻せば、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

陶芸 試行錯誤中

陶芸教室に行ったら、いくつか焼けてました。 豆型の皿とぐい飲み。 トルコ結晶という釉薬を、100円ショップで買った化粧用ミニスプレーで吹き付けた物です。 トルコ結晶という釉薬が、流れやすいということなので、薄くかけてあります。 ムラが有りますが、これはこれで・・・ ちょっと変わった色です。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

お土産に栗

陶芸教室に行ったら、お土産に栗をもらっちゃいました。 わーい。 渋皮煮になる予定です。 栗を入れた器は、釉薬が泡立ってしまい失敗なので、鉢にする予定です。 トンカチで、底に穴を開けて・・・ う~ん。何を植えようかなぁ。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

絵の具で色を付けた香炉 その2

こちらも大分前に、こげ茶の絵の具を塗った香炉です。 筆ではなく、ヘアスプレーの空容器を使って、こげ茶色の絵の具をシュッシュッと吹き付けました。 焼き上がりは、こげ茶色のベース部分に浮き上がりがなく、一応成功です。 白い点々は、面相筆で白い絵をのせて描きました。 白にムラがあるのは、筆に付いた絵の具の粒子が均一でなかった為…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more