テーマ:多肉植物以外

ミツマタ(三叉、三椏)

ミツマタ(三叉、三椏) ジンチョウゲ科、ミツマタ属 Edgeworthia chrysantha コウゾやガンピと並んで和紙の原料となるミツマタ、外皮の下にある内皮は柔軟で光沢があり、印刷に適していることからお札の原料にも使われている。 画像を撮って記事にするために調べてみたら、ほとんどの枝が三つ分かれていることからこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原漁港そばの桜並木

小田原漁港そばの桜並木 そばというか、小田原漁港と小田原城址公園の中間に位置する場所と言った方がいいかな。 報身寺というお寺に面した通り沿いに桜のアーチが出来ている。 小田原漁港でご飯を食べて、桜のトンネルをくぐり、さらにポクポク歩って小田原城址公園へ抜ける♪ 最高の散歩コースだった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小田原城址公園の桜

小田原城址公園の桜 小田原城址公園内には小さな動物園があり、おサルや象(ウメ子ちゃん)がいる。 桜の花がヒラヒラ舞うこの時期、人間だけでなく動物も穏やかな気持ちになっているのかもしれない。 ウメ子ちゃんの頭の上には春の名残が止まっている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長興山紹太寺の枝垂れ桜

長興山紹太寺の枝垂れ桜 樹齢推定300年を超える枝垂桜だとか・・・。 レンズの選択を間違えてマクロを持ってっちゃたから全体像が入りませんでした^^; 近くには種類の違う枝垂れ桜も。 八重の桜は咲きそろうと首にかけるレイの様。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スフィロスペルムム 真珠こけもも

京都府立植物園で見かけてとても綺麗だったスフィロスペルムムの一種(Sphyrospermum 通称「真珠こけもも」)を手に入れた。 京都で見たものよりちょっと葉が細かい気がする。 調べてみるとスフィロスペルムムは、Sphyrospermum buxifolium と Sphyrospermum cordifolium の二種類が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿御苑の桜

年間に決まった時間数の研修を受けなければならないので、新宿の某ビルまで行って来た。 高いビルの上階にある研修室からは新宿御苑の桜が丁度見ごろを向かえ、「そんな所におらんと遊びにおいで~」と誘っているように見える。 そんな訳で研修を早めに切り上げ(世間一般にはサボってというらしい・・・。)御苑まで足を延ばした。 桜は満開でなんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スフィロスペルムム

スフィロスペルムムの一種 Sphyrospermum sp. ツツジ科 2007年11月19日京都府立植物園にて撮影 コンデジの電池が切れてしまったので、やむを得ず携帯のカメラで撮影したもの。 細部がボケボケでよく見えないが、綺麗な薄紫の小さい実を付けている。 園内で撮った植物の中で一番かわいいなぁと思った。 あぁ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カカオの花

カカオ Theobroma cacao 南アメリカ原産 アオギリ科 2007年11月17日京都府立植物園にて撮影 普通、木に咲く花は枝先などに付くが、カカオは木の幹に直接花が咲く。 こんな変わった咲き方をする植物もあるんだ・・・。 当然カカオの実も幹の途中にブランとぶら下がる格好になる。 この画像の実は地面から50…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サガリバナ

サガリバナ Barringtonia racemosa 東南アジア一帯の熱帯・亜熱帯地域を原産とする 京都府立植物園にて2007年11月17日撮影 夜咲きで昼には散ってしまう花だか、午前中行ったらまだ花茎に2つ残っていた。 夜間見ることが出来れば、花茎に沢山の花が咲いて首にかけるレイの様 花は強い芳香を放つらしい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フウリンブッソウゲ

フウリンブッソウゲ Hibiscus schizopetalus アオイ科 タンザニア・ザンジバル原産 漢字で表すと「風鈴仏桑華」、風鈴のように釣り下がる形から名付けられたことが分かる。 南国の花の代表ハイビスカスの仲間。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イクソラ ’バンコク・ビューティー’

イクソラ ’バンコク・ビューティー’ Ixora cv. 'Bangkok Beauty' アカネ科 交配種 別の色もある。 多分、こちらはイクソラ ’スーパー・キング’ Ixora cv. 'Super King' 京都府立植物園にて撮影(2007年11月)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオオニバス属

オオオニバス属 Victoria スイレン科 京都府立植物園にて2007年11月17日撮影 オオオニバス属には「オオオニバス」と「パラグアイオニバス」の2種類があるそうだ。 京都府立植物園はオオオニバス属としか表記されておらず、どちらだか明記されていなかった。 この画像は午前中にとったもので、丸く白っぽい色をしたのが蕾だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリアンドラ ハエマトケファラ(白花)

カリアンドラ ハエマトケファラ(白花) Calliandra haematocephala( White Form) マメ科 2007年11月17日、京都府立植物園にて撮影 ネムノキの仲間で、糸の様なものは雄しべなんだそうだ。 もともとボリビア原産のハエマトケファラの花は赤いタイプで、こちらの白い花は園芸品種らしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネペンテス アンプラリア

ネペンテス アンプラリア Nepenthes ampullaria ウツボカヅラ科 ウツボカズラ属 マレーシア、ボルネオ、ニューギニア等に分布 洒落たミルクピッチャーの様な捕虫嚢で虫を捕らえる 京都府立植物園にて2007年11月17日撮影 非常に綺麗なフォルムだと思って写真を撮った。 最近、全然粘土を触っていなく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンスリウム

アンスリウム’レディ ラス’ Anthurium 'Lady Ruth' サトイモ科 アンスリウム属 園芸品種 京都府立植物園 観覧温室 ジャングルゾーン(2007年11月17日撮影) 画像で見ると赤い色に見えるが、実際はショッキングピンクのような色だった。 普通良く見るのは白や赤が多いが、色々なタイプがあるようだ。 我…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビヨウタコノキ(美容タコノキ)

ビヨウタコノキ(美容タコノキ) Pandanus utilis タコノキ科 タコノキ属 マダガスカル原産 京都府立植物園の観覧温室、ジャングルゾーンにあった変わった実を付けた植物。 名前が「タコノキ」とあったので実を食べたらたこ焼きの味でもするのかと思ったら・・・木の根元がタコの足みたいになっていることから付けられたそうだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラティケリウム・グランデ

プラティケリウム・グランデ (Platycerium grande) ウラボシ科 ビカクシダ属 フィリピン原産 2007年11月17日、京都府立植物園にて撮影 木に着生するシダの一種で、画像のものは巨大白菜のようにでかかった。 「ビカクシダ」は漢字で表すと「麋角羊歯」となり、大きな鹿(又はヘラジカ)の角の様な葉っぱをもつ羊歯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメショウジョウヤシ(姫猩猩椰子)

ヒメショウジョウヤシ(姫猩猩椰子) Cyrtostachys属 lakka ヤシ科 Palmae 京都府立植物園、観覧温室、ジャングルゾーンに植わっていた植物。 まるでペンキでイタズラ書きされたような鮮やかな赤にびっくり。 植物園のHPでは映像も配信していて、このヒメショウジョウヤシのことも紹介している。 それによると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都府立植物園 散策編

京都2日目に友人と京都府立植物園で待ち合わせた。 一番見たかった温室へ向かう途中、メタセコイアの植えられている場所があり、紅葉し始めの緑から黄色に変わるグラテーションがとても綺麗。 京都滞在中は清水寺や高台寺の辺りもブラブラしたが、凄い人出で真っ直ぐ歩けないほど。 紅葉シーズンだからいつも以上に込んでるのかな? そんなハイシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小紫と白式部

【小紫】 クマツヅラ科 ムラサキシキブ属 Callicarpa dichotoma 庭に生えている小紫。 ずっと「紫式部」だと思っていたが、調べたら同属の「小紫」だったことが判明。 「紫式部」より小型なためこの名前になったとか・・・庭木としてよく見られるのはこの「小紫」の方が多いそうだ。 隣りには【白式部】も植わっている…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ブラックベリーが実りました

庭のブラックベリーがたわわに実りました。 食べると、すっぱーい味がします。カラスが去ってからまた舞い戻ってきたヒヨドリ達が1つ、2つ摘んだ形跡がありましたが、どうもお口に合わなかったらしくその後は食べられていません。 鳥も食べないすっぱさ・・・です^^; ブラックベリーという名の通り、熟すと黒くなります。この位の色になったら収…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユスラウメの実が採れました

ユスラウメ(桜桃) Prunus tomentosa バラ科 サクラ属 毎年人間の口に入るよりも早く鳥のご馳走になってしまい、庭に植えてから一度も収穫できなかったユスラウメ。それが今年初めて鳥に食べられることなく収穫できました。 子供の頃食べた記憶では、甘くてとても美味しかったのですが、いざ食べてみると酸っぱかったです。 それ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クリスマスローズ 開花 その2

クリスマスローズも今年は沢山咲きました(撮影日2007年3月4日) 花がうつむくので、ちょいと上向きに。 白いのもいっぱい。 葉が何者かに食われてる。虫かな? 大好きな黒系シングル♪ これも下向きなので、鉢を傾けて下から撮ってみました。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雪割草 開花 その2

庭の雪割草が咲いていました(撮影は2007年2月28日)。 こちらは実生品ということで手に入れた、我家で初めての八重タイプ。 雪割草は標準、二段、三段、八重など花の形状が様々で、交配もさかんな様子。 素人の私はただ「ほーーーーっ」とうなるばかり^^ こちらは以前からある一重の雪割草(撮影は2007年3月4日)。 こんなタイ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

雪割草 開花

雪割草が咲いています。 暖冬で、しかも例年より早い春一番が吹き荒れて・・・なんだか気候が変です。 敏感な植物達はどう感じているのでしょう。 雪割草について調べていたら、雪割草は「焼き締め鉢」が合うという事を知りました。 やった! 陶芸で失敗したものは全部「雪割草の鉢」に転用出来る♪
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

縷紅草(ルコウソウ)

縷紅草(ルコウソウ) Ipomoea quamoclit ヒルガオ科イポメア属、熱帯アメリカ原産、蔓性多年草 フェンネルというハーブに葉の形が似ていたので、鮭のソテーに入れそうになりました。 危ない、危ない。 ☆縷紅草の参考HP 「エンゲイナビ」園芸植物図鑑 http://www.engeinavi.jp/db/vie…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

柿収穫、カリンもそろそろ

今年も庭の柿が採れました。 太陽の光に当ててシャッターを切ったら、実物より美味しそうな色に撮れました。 本当はもう少し青い柿です(サルカニ合戦ほど青くはなかったですが^^) 味は、甘くてなかなかでしたよ。 カリンもいっぱい生っています。 こちらは生で食べられない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋明菊

秋明菊(シュウメイギク) Anemone hupehensis var. japonica 満開を過ぎて、そろそろ見納めのころです。 菊っぽくないなぁと思ったら、キンポウゲ科アネモネ属の植物なんだそうです。 なるほど、アネモネの作りと良く似ています。 白く花びらに見える部分は萼だと言うからビックリ! アネモネ参照 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more