テーマ:多肉植物以外

ヒメアシナガムシトリスミレ

食虫植物の一種で、葉の表面に落ちた小さな虫をとかして養分にするそうです。 過去記事に本体の画像がありましたので、参考にどうぞ。 http://dada-doronco.at.webry.info/200601/article_2.html ロゼットを繋ぐ接合部がとてもヤワで、ちょっと触れただけでホロホロと葉が取れてしまいます。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪割草 開花

庭の雪割草が咲いている。 これは「緑翠」という名で、花びらに緑色が差すお気に入りのタイプ♪ 雪割草も交配が盛んに行われ、花に特徴のあるものは高値で取引される。 花の色、形ともにバラエティーに富んで、これも凝り出したらキリがないだろうなぁ^^ こちらは名のない雪割草。 花が終わると種がホロホロこぼれて、自然に発芽する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひっつき虫

子供の頃、友達と遊ぶ時はいつも畑のあぜ道を通っていた。 夢中で遊んでいるので、道ばたに何が生えていたかなんて覚えていない。 でも、ウチに帰って服を見ると、必ずセーターやスカートの裾に「ひっつき虫」が付いていた。 そういえばこの「ひっつき虫」、ちゃんとした名前が分からず、知らないうちに服にくっつく嫌な草としか思わなかった。 大人に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフリカの瓜

先月の初め小田園芸さんの温室に伺った時、変わったものを発見。 「これ何ですか?」と聞くと「アフリカの瓜だよ」とのこと。 世の中まだ見たことがないものが沢山あって、 ただ温室を通過するだけでもボンヤリしててはいけないぞと痛感^^ 面白いですねぇと手に取ると、他にも色々あるよと次々変わった形の瓜を見せてくれた。 ネットで調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神代植物公園 お蕎麦編

神代植物公園の近くには深大寺というお蕎麦の有名なお寺がある。 「お蕎麦編」というのは変なタイトルで、本当は「深大寺蕎麦」というタイトルの方が正当なのかもしれないが、私にとっては神代植物公園と深大寺蕎麦は必ずセットになっていて、ブラブラ公園内を歩き、ついでに蕎麦を食べるというのが最高の散歩コースだったりする。 そんな訳で、知る人ぞ知る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神代植物公園 温室編

神代植物公園には立派な温室がある。 こちらも好きなので特別なイベントがなくても、必ずクルっと中を回ってくる。 2008年11月1日撮影。 今年も1月余り・・・年の瀬が押し迫ってくると何となく気ぜわしくなる。 仕事の方も繁忙期に入り連日残業の嵐。 ま、平日は目一杯働いても休みの日は遊んだり身の回りの事を片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神代植物公園 ぶらっと散策

今月初めのお天気の良い日、ぶらっと神代植物公園へ行ってきました。 前日までは雨という予報だったのにみごとに晴れて本当に気持ちよかったです^^ 神代植物公園はISJIのイベントの時に必ずチェックする公園ですが、この日は展示会でも何でもありません。 じゃ、多肉の展示会もないのに何しに行ったのかというと・・・^^; 私、公園フェチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オロスタキス属 【ツメレンゲ】

オロスタキス属 【ツメレンゲ】 Orostachys japonicum フラワーセンター大船植物園にて2008年4月20日撮影 外で撮影する時は植物と一緒にその札も撮影するようにしている。 これが想像以上に便利で、我ながら良いアイディアだと思う♪ 簡単な説明書きもあるし、時間が経っても植物の名前を忘れずにすむ。 つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼岸花

彼岸花 Lycoris radiata 2008年9月28日撮影 別名を「曼珠沙華」とも言う 「曼珠沙華」の名を初めて知ったのは灰谷健次郎の書いた小説『太陽の子』だった 子供の頃読んだ時は特別な感情を抱かなかった本なのだが 大人になって読み返すと泣けて、泣けて、泣けて仕方がない本なのだ ***********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のゴーヤ

今年、仕事場の西面に「緑のカーテンをやろう!」の計画があった 西側は窓が全面に開いていて、西日がガンガンさすため 3時以降の室温が半端じゃなく上がる だから「緑のカーテン」で日差しをさえぎり、あわよくば二次的産物である ゴーヤもゲトしようとたくらんでいたのだw ところが実際には種を蒔く時期を逸して、「じゃ来年^^;」って …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イチジク

クワ科 Moraceae イチジク属 イチジク Ficus carica 庭のイチジクは夏になると毎年沢山の実を付ける 今年はやや小ぶりで数も少ない イチジクは無花果とも書く 花が咲かずに実が出来きたように見えることから、この名前が付いたらしいが 実際は「花嚢」の中で花を咲かせて結実する 「花嚢」なんて言い方すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホオズキ

庭のホオズキの実を放っておいたら 皮の繊維だけが残って天然の篭になった 植物の繊維はとても丈夫 中の赤い実は発砲スチロールの玉っころに赤いちりめんを巻いて作ったもの
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ベニゴウカン(紅合歓)】

【ベニゴウカン(紅合歓)】 マメ科 カリアンドラ属 Calliandra eriophylla Benth. テキサス~メキシコ原産 2008年4月20日フラワーセンター大船植物園にて撮影したもの 2007年秋に訪れた京都府立植物園でカリアンドラ・ハエマトケファラ(白花)というのを撮影した そのハエマトケファラの赤花と違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【コエビソウ(小海老草)】

キツネノマゴ科 【コエビソウ(小海老草)斑入り】 学名 Beloperone guttata T.S.Brandeg. cv. Variegata 2008年4月20日フラワーセンター大船植物園にて撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゆきのした属 【西洋雲間草】

ゆきのした科 ゆきのした属 【西洋雲間草】 Saxifraga rosacea (札にはサクシフラガ・ロサケアとあった。洋種雲間草ともいう) ヨーロッパ北部原産 2008年4月20日フラワーセンター大船植物園にて撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サギソウ 

サギソウ(鷺草) Habenaria radiata ラン科 ミズトンボ属 開花期は7月~9月ということだか、我が家では8月に咲いた 白く涼しげな花はその名の通り「白鷺」が飛んでいる姿を連想させる 可憐な花は大変人気で花屋へ行けば簡単に手に入るが、自生地では数を減らしているとか・・・ これもミセバヤと同じ、人による採…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のブラックベリーとブルーベリー

19日、梅雨明け宣言が出た。 それ以前に真夏のような日が続いているので なんだか遅すぎる感もする。 気温が上がってブラックベリーの色が濃く染まった。 ブルーベリーもポツポツ採れる。 TAMRON SPAF90mm F/2.8 Di TAMRON SPAF90mm F/2.8 Di Canon EF Lレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツクシカラマツ(筑紫唐松)

ツクシカラマツ(筑紫唐松) Thalictrum kiusianum キンポウゲ科 カラマツソウ属 庭に咲いている花は大抵名札が飛んでいる。 何科なのか何属なのかサッパリ分からない時は こちら↓へ行って、花の色や季節で検索して探す。 『植物園へようこそ!Botanical Garden』 http://aoki2.si…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タツナミソウの一種

タツナミソウの一種 シソ科 Scutellaria sp. タツナミソウ属は似通った種類が多く見分けが難しいそうだ。 ☆参照☆ 「林に生えるタツナミソウの仲間」 http://www.plantsindex.com/plantsindex/current/group/gp_scutellaria_forest.htm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネモフィラ

ネモフィラ属 【ネモフィラ】 Nemophila menziesii 別名、瑠璃唐草 月が変わっても記事を更新しないとサイドバーのカレンダーが前月のままってのが、どうも精神衛生上よくないので・・・w 今年4月に行った大船フラワーセンターで撮った画像を。 淡い青色が春先の花壇を彩ってとても綺麗だった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭の植物

アジサイの花の色は土壌の酸性度によって変わるらしい。 土壌の酸性が強いと青系に、弱いと赤系に・・・。 日本は酸性の土壌が多いため青系統のアジサイが多く、その対処法としては土壌の酸性度を中和するために石灰を撒けば良いとある。 でも我が家は青系を植えても年々赤紫に変わってしまうので、酸性度が弱いってことですか。 花を青色に戻す対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポピー

この花の名前は?と問われれば「ポピー」と答えていたけれど、その他にも雛罌粟(ヒナゲシ)、虞美人草(グビジンソウ)、アマポーラ・・・色んな名前があるそうだ。 漱石の小説に『虞美人草』というのがあって、かつて読もうとして何回か最初の数ページをめくって断念したことがある。結局未だに最後まで読めず、私の積読第一号だ。 今になって虞美人草…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

牡丹

牡丹 Paeonia suffruticosa ゴージャスで艶やかな花は沢山の人を惹き付ける、私は・・・あまりの華やかさに気後れする。 こちらのピンクの種類だけ名前を記録いていた。 「秋冬紅」という名でシュウトウコウと読むらしい。 赤と白の見事な絞り。 触れたらカサカサと音がするかと思ったら、しっとり濡れた感触だった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オステオスペルマム スプーン咲き

オステオスペルマム Osteospermum ecklonis 花びらの縁がクルっと反って筒状になった「スプーン咲き」呼ばれる種類だとか。 これを見て私は「わぁ面白いなぁ」と思ったけれど、一緒に見た別の人は「気持ち悪~い」とw 属名 Osteospermum の 'osteon' は骨を意味するそうなので、「気持ち悪い」という印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本桜草

日本桜草 Primula sieboldii 桜草が好きな人は沢山いるらしく、近所の庭先などで良く見かける。 今まであまり興味がなくて「あぁ桜草が咲いてるなぁ」ぐらいにしか思わなかったし、皆同じ花の形で面白味にかけると思っていた。 ところが、先日近くの植物園で開催されていた「桜草展」へお付き合いしたら・・・。 結構色んなタ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

葉牡丹

出先で見かけた葉牡丹。 白と緑の組み合わせが鮮やかでとても綺麗。 思わずカメラを向けた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネモフィラ・ペニーブラック

ネモフィラ・ペニーブラック ハゼリソウ科 Nemophila menziesii 'Peny black' 花の直径は1.5~2cm。 庭にあっても名前の分からない植物がたんとあって、植物園へ出かけた時などに「お!この花の名前わかんなかったんだよねぇ」と偶然見つける事がある。 花の画像と名札の写真を撮っておけばもう安心。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more