テーマ:実生

オーニソガラム属 【コンコルディアヌム】 種

オーニソガラム属 【コンコルディアヌム】 Ornithogalum concordianum (Baker) U.Müll.-Doblies & D.Müll.-Doblies 101030 良型ということで購入した種 葉っぱがクルクルクル♪ってなってて、一目ぼれしたのでした うまく育つといいなぁ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プセウドリトス属 【クビフォルミス】

プセウドリトス属 【クビフォルミス】 Pseudolithos cubiformis くぅぅ。やっちまった。 蒔いた時に寒さに弱い植物だって分かってたのに・・・ベランダに出しっぱなしにして、「は!!」っと気が付いた時には既には3個のうち2個が溶けており、さらに今日、残りの1個も根元から崩れてきた。 先日、最低気温が0℃前後で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シゾバシス属 【イントリカータ】

シゾバシス属 【イントリカータ】 Schizobasis intricata 2006年6月に蒔いたシゾバシス・イントリカータ。 前回2008年夏に撮った画像と比べると、鉢からはみ出そうな勢いで大きくなった。 この画像、前回撮った時と偶然同じ角度で撮れていて、どの球根がどんな風に育ったか・・・じぃぃっと見ているとちゃんと分かる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディオスコレア属 【亀甲竜】 アフリカ産

ディオスコレア属 【亀甲竜】 アフリカ産 Dioscoreaceae Dioscorea elephantipes 2006年10月に発芽してから、かれこれ2年ちょっと。 むむむぅ。やはり植え替えをサボった影響か、あまり育っていない。 小豆みたいに小っさい塊根が申し訳程度についている。新聞の活字と比べてもらえば大体の大きさが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハエマンサス属 【眉刷毛万年青】

ハエマンサス属 【眉刷毛万年青(マユハケオモト)】 Haemanthus albiflos 先々月咲いた花を放っておいたら、なんと実らしきものが付いた! 良く見ると膨らんでいるのと、そうでないのとある。 まだ青々としているのでもう少し時間を置けば種が熟すかもしれない。 ぷちゅぷちゅと複数成っていることからも、眉刷毛万年青は小さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルブカ属 【aff スピラリス】

アルブカ属 【aff スピラリス】 Albuca aff spiralis Brandrivier 先端がクルクルしているのがそのaff スピラリス。 メサから購入した種を2007年3月に蒔いて4月に発芽したもの・・・え? 昨年の4月だから、かれこれ1年半は経っているということですか・・・。 自分の感覚の中じゃせいぜい半年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイオスピロス属 【帝玉】 種入ってるかな?

プレイオスピロス属 【帝玉】 Pleiospilos nelii 今年3月中旬に咲いた帝玉の花を授粉させておいたら、朔果が膨らんだ まだ中を確認していないが恐らく種が入ってると思う メセンの中には、採取した年に蒔くよりその翌年に蒔く方が発芽率が上がるものがあるらしいが、 プレイオスピロスは採取した同じ年でも十分発芽率が良か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シゾバシス属 【イントリカータ】 実生1年生

シゾバシス属 【イントリカータ】 Schizobasis intricata 2006年6月に蒔いたシゾバシス・イントリカータ。 今年の春先に植え替えてやったらプっ!と大きくなり、昨年9月の頃と比べると確実に成長している。 見栄えの良くない画像でも、こうやって記録しておくと後で楽しいのだ^^ 「おお!大して育ってないと思…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【OB-10×グロボシフローラ】 実生1ヵ月

ハオルチア属 【OB-10×グロボシフローラ】 キッチンペーパーの上に種蒔きしてから約1ヵ月経った様子。 現在トレーに水を張って、戸外の棚下に置いてある。 我が家のベランダは通風良好。 日中の最高気温33℃でも溶けることなく順調な様子。 ポットの直径は5cm、トレーにたっぷり張った水は2~3日で無くなるため、 無くなった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア種配布 当選発表♪

大変お待たせしました。 ハオルチアの種ご当選者は・・・全員ですw パック数が少なかったものだけ抽選して、あとは適当に割り振ってしまいました。 複数応募頂いたのに1個しか当たらなかった方! 1個でいいっていうのに、2個割り振られちゃった方! ご希望に添えませんが何卒ご容赦下さい。 ということで、コメ頂いた方へお譲りする…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

種配布 最終日

コメ&メールにて沢山のご応募ありがとうございます。 ただいま発送の準備のためプチプチを切っておりますw あと一日となりましたが、締め切り後にはなるべく早く結果が出るようにいたしますので 今しばらくお待ち下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチアの種 貰い手さん募集(終了!)

2008年7月30日追記。 本日を持ちまして今回の種配布は終了いたしました。 沢山のご応募誠にありがとうございます。 お暑うございます。 既に他のブロガーさんが種募集し終わっているのに、今更ですが・・・ やっとこさ交配した種が全部採取できましたので、貰い手さんを募集いたします。 ハオルチアがお好きな方、やったこと無い…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ハオルチア属 【OB-10×グロボシフローラ】 発芽実験

ハオルチアの種は採取して直ぐ蒔く方が発芽率が良いと聞く。 へぇ~と思って試しに最初に取れたOB-10×グロボシフローラの種を蒔いてみた。 蒔き床は・・・ハーゲンダッツの空きカップとキッチンペーパー♪ 多肉植物の実生をする場合、土を殺菌してカビの繁殖を防止するとか、腐敗要素(例えば腐葉土など)を除いた蒔き床でスタートするとかの方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 交配覚書その3

2008年6月ハオルチア交配覚書 ケマリ×ベヌスタ Haworthia Kemari×Haworthia cooperi v. venusta CL1 GM292 NE of Alexandria つい最近目にしたはずなのに、どこで見たのか忘れてしまった。 ベヌスタを交配親に使うとなんたから、かんたら・・・だったような。 毛が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボウィエア属 【蒼角殿】 開花

ボウィエア属 【蒼角殿】 Bowiea volubilis 5月の終わり頃だったろうか・・・蒼角殿の花が咲いた。 雌しべもシッカリしてるし、雄しべも花粉がフカフカしていかにも授粉しそうな気がする。 昨年は人為的な授粉作業はせず、自家受粉するか否か経過をみたが結局結実したものは一つもなかった。 それならば! 今年はせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 交配覚書その2

2008年5月28日、授粉作業したもの。 毛蟹×カミンギー Haworthia 'Kegani' x Haworthia cummingii Committees Drift 毛蟹×ベヌスタ Haworthia 'Kegani' x Haworthia cooperi v. venusta CL1 GM292 NE of…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンニンギア属 【断崖の女王】 種♪

シンニンギア属 【断崖の女王】 Sinningia leucotricha H.E.MOORE 4月末、断崖の女王の授粉作業をしてみた。 方法は・・・。 ①オレンジ色の花びらが落ちて、雌しべだけが残った状態のものに花粉をつける ②まだ咲いたばかりの、花びらがちゃんとある花に花粉をつける 当たり前な話だが、②の方だけ雌しべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パキフィツム属 【星美人】 花ガラ

パキフィツム属 【星美人】 Pachyphytum oviferum 星美人の花は下から上に向かって徐々に咲いていく。 ひとつひとつの花にボリュームがあり、花茎を切り取ると植物とは思えない程の重量感。 こんなに重いと小動物を数えるみたいに、1匹と表現したくなる。 5本の雌しべに、10本の雄しべ。 へぇ・・・と思ってフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイオスピロス属 【帝玉】 

プレイオスピロス属 【帝玉】 Pleiospilos nelii 相変わらずグロい帝玉ですが、私にとっては初めて種採りに成功し、さらに実生から開花までに至った貴重なメセンなので、愛着がひとしおなのです。 我慢してお付き合い下さいw 3月中旬、我が家の帝玉は親株と実生株合わせて9輪の花を咲かせた。帝玉は基本的に他花授粉なので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 交配覚書き

ベランダのハオルチアを交配した。 まずは、2008年5月2日に交配したレティキュラータ×カミンギー Haworthia reticulata var. hurlingii RIB0463 N of Robertson, near Rooiberg Winery×Haworthia cummingii Committees Drift…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブルビネ属 【メセンブリアントイデス】 1年経過

ブルビネ属 【メセンブリアントイデス】 Bulbine mesembryanthoides PV511 Aughrabies 昨年の3月に蒔いたメセンブリアントイデスの現在の様子。画像だと分かりづらいが、土中に球根が出来てきた。 その奥にピーっと伸びた芽葱みたいなのは、ボウィエア属キリマンジャリカ。 私が種を蒔くとちぃーーー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【OB-10×グロボシフローラ】 結実

ハオルチア属 【OB-10×グロボシフローラ】 わーい♪やったぁぁぁ♪ 初めて人工授粉が成功した。 授粉作業をした日付を記録してなかったので少々不確かな日数だが、授粉から1週間ほど経った頃だと思う。 ハオルチアの種採りは結果が早く分かっていいなぁ。 あとは涼しくなったら蒔くと・・・う~ん、先はまだまだ長いね^^;
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【グロボシフローラ】 開花

ハオルチア属 【グロボシフローラ】 Haworthia nortieri var. globosiflora 花が咲くと花茎から腐り枯れてしまいやすいと専らのうわさの、グロボシフローラの花が咲いてしまった。 嬉しいんだか悲しいんだか分からないごちゃ混ぜで複雑な気分。 想像ではもっと全体が茶色い花が咲くと思っていたが、それほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セネシオ属 【七宝樹】 種?

セネシオ属 【七宝樹】 Senecio articulatus こちらも綿毛付きの種らしきものが出来た。 昨日記事をUPした後、カペンシスと七宝樹の種を蒔いて水を張ったトレーに漬け、ベランダの日の当たらない風通しの良い場所に置いた。 特に七宝樹の発芽に期待している。 チビ緑ソーセージの軍団になったらさぞ面白いだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オトンナ属 【カペンシス】 種かのぉ?

オトンナ属 【カペンシス】 Othonna capensis 花の後、綿毛のついた種の様なものが出来ている。 確か、1911さんが以前セネシオの種蒔いて発芽させていたなぁ。 私も蒔いてみよっか^^ 触ると綿毛がホロホロ崩れる。 2008年5月29日追記:種まき後結局ひとつも発芽せず。カペンシスについては別ルートで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【オブツーサ OB-10】 交配

ハオルチア属 【オブツーサ OB-10】 ちょっと前に阿房宮とピグマエアを交配させてみたところ・・・どうやら失敗に終わったらしい。 最初のうちは朔果が緑色で、上手くいったかなと思ったんだけどね。 そこで、オブツーサOB-10と阿房宮の組み合わせでもう一度チャレンジ! う~ん。 昨日までは朔果が緑色をしていたのに、今日撮った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハオルチア属 【ノタビリス】 発芽

ハオルチア属 【ノタビリス】 2007年9月末に種が出来たと記事にしたノタビリス、サヤがはじけて種がこぼれたので、それをひろって10月頃に蒔いてみた。 取れた種は結構あったはずだが、現在発芽を確認出来るのはこの4つ。 撒いたといってもシゾバシスの実生ポットの脇にパラパラっと放り込んだだけで、特に消毒とかラップとか手のかかること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実生リトープス(2004年蒔き)

2004年の秋に撒いたリトープス。 3年経過し今なお生き残っているツワモノども。 本来、撒いてから3年も経てば開花玉に生長して十分大きくなっているはずなのに、我家のリト達の小さいこと、小さいこと! 一番育っているリトープスで、直径2cm弱しかない。 なかなか育たないのは、乾燥させ過ぎなんだろうなぁ。 今年は11月に入ってか…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オトンナ属 【クラビフォリア】 種蒔き後10ヶ月

オトンナ属 【クラビフォリア】 Othonna clavifolia 30 k E Sendlingsdrif, cylindric leaves 円柱状の葉っぱになるっていうから選んだオトンナ【グラビフォリア】 2007年3月18日に蒔いてから約10ヶ月経った現在の様子。 こ、これはもしかして、もしかすると・・・徒長? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more